遊び疲れた猫

猫とレーザーポインターで遊ぶ時は失明に注意?安全について調査

猫が大好きなおもちゃといえばレーザーポインターですよね。しかしレーザーポインターは使い方を間違えてしまうと、目が失明をしてしまう危険もあるのです。レーザーポインターを安全に使うための選び方やおすすめ商品をご紹介します。

猫が大好きなおもちゃの一つにレーザーポインター。
光を楽しそうに追いかける猫ちゃんを見て癒されている方も多いでしょう。

しかし、このレーザーポインターは使い方を間違えると大変危険なのをご存知でしょうか? 安全に配慮をしてあげないと、目が失明をする可能性すらあるのです。

猫とレーザーポインターで遊ぶ時の注意点とは?また、猫の安全に配慮をしたレーザーポインター選びのポイントとは? 徹底調査してきました。

Sponsored Link

猫のレーザーポインターは遊び方を間違えると危険

狙う猫

その場で座りながらでも猫と遊べる便利アイテム、レーザーポインターを普段から愛用している方も多いのではないでしょうか?
実際に「猫のおもちゃおすすめランキング」を調べても、上位にランクインしている大人気のおもちゃです。

しかし、レーザーポインターを誤って目に照射してしまうと、失明する危険があるのです。

日本で市販されているレーザーポインターは安全に配慮されているのですが、それでも0.25秒以上のレーザー光線を直視すると危険だといわれています。
0.25秒なんて一瞬ですよね。

猫の目の網膜は非常にデリケートであり、レーザーポインターを直視すると網膜組織が破壊されて再生不能となってしまうのです。
猫とレーザーポインターで遊ぶときは、その危険性を理解して安全に配慮をしたグッズを選びましょう。

レーザーポインター選びのポイントは光強度

安全にレーザーポインターで遊ぶために重要なのがレーザーポインター選びです。

レーザーポインターは100均で販売されているものから、ペット用として販売されているもの、さらには海外製のものまでたくさんあります。
いったいどのようなポイントに気をつけて選べばよいのでしょうか?

光強度に気をつける

レーザーポインターにはクラス1〜クラス5に分けられた光強度というものがあります。

日本で一般的に販売されているレーザーポインターはクラス2。
0.25秒間未満の直視は問題が無いとされるものです。

しかしクラス2であっても、直視をするのは大変危険です。

クラス1でも100秒間瞬きをせずに直視しても問題はないとされていますが、100秒以上直視してしまうと失明をする危険性があるといえます。

安全とされているレーザーポインターであったとしても、使い方を間違えると危険だというのを覚えておきましょう。

ペット用のレーザーポインターがおすすめ

安全面に配慮をするのであれば、ペット用に販売されているものがおすすめです。

ペット用に製造されたレーザーポインターの多くは危険度が低いクラス1の光強度を採用しているだけではなく、安全に遊べるような配慮がされています。

安価なレーザーポインターもたくさん販売されていますが、安全面に配慮されているとは言い難いですし、安価なものは光強度の記載がないものもあります。

できるならば、製造元がはっきりとしているペット用のレーザーポインターを選ぶほうが安心です。

最近ではレーザーポインターではなく、LED光線を使用したグッズも多く販売されています。
安全面に配慮された、おもちゃを選びましょう。

海外製のレーザーポインターは注意

レーザーポインターを購入する際に注意をしていただきたいのが、海外製のレーザーポインターはクラス3以上のものが販売されているという点です。

日本で販売されているレーザーポインターはクラス2までの光強度のものしか認められていないのですが、海外ではクラス3以上のレーザーポインターも市販品として販売されています。

そのため、輸入されたレーザーポインターの中には日本の基準値を超えるものが販売されていることもあり、クラス3のレーザーポインターを目で直視してしまうと失明をする危険性はかなり高くなります。

猫用のポインターを購入する際は、光強度を確認しましょう。

レーザーポインターで遊ばないという選択肢も

レーザーポインターは猫の食いつきもよいおもちゃではありますが、やはり使い方を間違えてしまうと失明をしてしまうと危険性があります。

その危険性がある以上、安心して使うことはできないという方は、レーザーポインターの使用を諦めるのも選択肢の一つです。

レーザーポインター以外にも猫が楽しめるおもちゃはたくさんあります。
ぜひ、レーザーポインターだけにこだわらずに、様々なおもちゃを工夫して遊んではいかがでしょうか?

猫におすすめのレーザーポインター3選

遊ぶ猫

猫にレーザーポインターを購入してあげたいと考えている方のために、最後は猫ちゃんにおすすめのレーザーポインターをご紹介します。

Sponsored Link

キャティーマン(CattyMan)/ じゃれ猫LEDにゃんだろー光線

壁や床に照射できる光がとっても楽しい、人気のレーザーポインター型のおもちゃです。
ねずみの形をした光のシルエットが猫ちゃんのくすぐります。

こちらのおすすめポイントはLEDを使用している点。
LEDだから目に当てても問題ないというわけでは決してありませんが、市販で販売されているレーザーポインターよりもおすすめです。

キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線

キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線

871円(01/17 00:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

BERLIN/猫のインタラクティブおもちゃ

USB充電式のとってもコンパクトな猫用レーザーポインター。

3つの点灯モードがあり、ポインターの赤い光、紫外線、懐中電動風と好みによって使い分けができるのも嬉しいポイントです。

充電時間も1.5時間でフル充電可能なのも嬉しいポイントです。

安全かつ楽しくレーザーポインターで猫と遊ぼう

猫のレーザーポインターはたくさんの危険があります。
ただ遊び方をしっかりと考え、安全に配慮された商品を選ベば、猫も楽しい、飼い主さまも嬉しいとっても便利な猫のおもちゃとなるのです。

ただし、どれだけ安全に配慮されたおもちゃであっても、どれだけ危険がないといわれているおもちゃであっても、使い方を間違えてしまうと取り返しのつかないことになります。

レーザーポインターを使うときは目に直接照射をしないという約束は守り、安全に楽しく遊んであげるようにしましょう。

コメントを残す

*